この惑星にもっとわくわくを。

毎日のちょっと楽しい、ちょっとワクワクを綴りたい

絵本の美術館をめぐるきっかけの話

スピリチュアルな世界では2020~2021年は激動の時期と言われています。

地の時代から風の時代へ。

夜の時代から昼の時代へ。

いままでの価値観がひっくり返るような、パラダイムシフトが起きると。

コロナウィルスも、そのシフトを促すエネルギーの一つであると考えられています。

 ざっくりいうと物質中心の世界から精神中心の世界へ移行ということ。

f:id:ukairuka:20201010172835j:plain

今まで漠然と「こうでなければならない」と縛られてきた社会の価値観。

「毎日規則的に働かなくてはならない」「遅刻はいけない」「がんばらなければお金(お給料)がもらえない」「働くなら正社員が安定していてよい」

こんな価値観が根本から変わってくる時代がくるんじゃないか、と。

リモートワークも普及してきて「会社に行かなくても仕事ってできるじゃない」という発見があり、実際、働き方や家族の在り方などについて人々の意識はだいぶ変わってきているのではないでしょうか。

コロナウィルスについては負の側面が強調されがちですが、通勤時間がほかのことに充てられるため、時間的な余裕ができて思考の幅が広がったり(立ち止まって人生を振り返ってみたり)、睡眠がたくさんとれて心身ともにゆとりができたり、いい側面もあったのではないかと思います。

ワタシは在宅でできない仕事なので普通に通勤していますが、全体的に人が減ったので通勤電車も「座れたらラッキー」って感じだったのが、今では座れないことのほうが珍しいくらいで、通勤時のストレスが和らいでいます。

f:id:ukairuka:20201010172305j:plain

また自分の内側にも変化がおきて、「もう今の仕事辞めてもいいかな」「辞めるのはいつ頃がいいだろう」という気持ちになってきました。

考えてみると、たくさんのものを犠牲にしてきたんですよね。病気になって入院、手術も経験しました。でも、体調が戻ったならがむしゃらに働くのが本当に「普通」だと強く、強く思い込んでいました。でも本当にそれが「普通」なのかしら?という疑問がでてきて。

つい最近まで「定年までは働くぞ」ってがんばってきたので、この心境の変化には本当にびっくりですが、宇宙の流れに乗っていると思うので自分のこの感覚を大事にしてみようと思います。

今の仕事を辞めたら・・・・もともと旅行が好きなので、気の向いたときにふらーーーと出かけられる生活がしたい!家でフリーランスで仕事をして楽しく稼げて、人生をエンジョイしたい!ブログのタイトルも、こんな想いからつけてみました。

 

いままでの地の時代、夜の時代に染み付いた価値観、波動。

どうしたら手放せるだろう、ワタシは何がやりたくて、何にわくわくするのか?

頭も心も体も硬すぎて、まずそこからわからない のです。

「子供のころ好きだったことにヒントがある」とどなたかの著書に書かれていて、そこで絵本美術館。

絵をかくのも好きだし、本を読むのも好きだった子供の頃。

絵本を眺めていたら、童心に還っていろいろなインスピレーションが得られるかも!

ということでわくわく、楽しみながら絵本の世界を巡ることにしました。

f:id:ukairuka:20201010173330j:plain

  ※写真上から

earitoさんによる写真ACからの写真

pianoman555さんによる写真ACからの写真 

acworksさんによる写真ACからの写真

感謝を込めましてダウンロード写真のクレジットは全て入れさせていただきます(^^♪。ついでにご紹介といいますか、アイコンとさせて頂いている白ネコちゃん。

 こちらはアイコン・イラスト素材のフリーペンシルさんよりダウンロードさせて戴きました。

可愛いアイコン・イラストの無料素材サイト|フリーペンシル

可愛いネコちゃんのイラストが多すぎてどれにするか本当に悩みました!